1. HOME
  2. ブログ
  3. 人との出会いで人生は変わる

人との出会いで人生は変わる

こんにちは。桔梗です。
現在、大阪府堺市にて、
大人のペン習字/書道教室で講師をしながら
書道家として活動しています。

たった一人の人との出会いで
人生が変わると身をもって実感しました。

社会人になって事務職に就きましたが3ヶ月で退職しました。
また給食の調理員として勤務しましたが、そこも3ヶ月ほどで異動することになりました。
お肉を扱う下処理室で過呼吸になり倒れたからです。
救急車が来る事態となり周りの人に迷惑をかけてしまいました。

夫(当時の彼)は
職場での顛末を客観視していて「なにかおかしい」と思っていました。
それだけでなく、意思疎通が難しいこと
また会話がかみ合わないこと
興味の幅が極端に狭いことなど当時から疑問視していました。
たまたま夫が発達障害の記事を目にし
「主治医に相談したら」ということで検査をしてもらう運びになりました。

発達障害と診断されてから夫は
「仕事はできるだけ適性に合うものにしないと」と色々考えてくれました。
自己分析もまだ十分できていなかったため、
何が得意で何が不得意なのかまだ分かっていませんでした。
「一つのことに集中できる仕事がいいね」
「あまり会話のいらない仕事がいいかも」
2人でたくさん話し合っていました。

とある日、私の家にある高校生の時に書いたまだ拙い作品を
「いい作品。これ書いたの?すごいね」と褒めてくれました。
嬉しくなった私は、それから夫に記念日や誕生日など手書きのハガキ作品を渡しました。
夫が喜んでくれる姿がとても嬉しかったです。
「私が書く作品でこんなにも喜んでくれるんだ」と
言葉が持つ力を初めて実感しました。

夫は言いました。
「書くことにそれだけ没頭できるなら、書道を仕事にするのはどう?。君の書く作品で救われる人がいると思うな。書く以外のことは任せてくれていいよ」

そして私は今、夫と二人三脚で書道家として活動しています。
臨機応変な対応ができない私は、
おそらく職場で「仕事ができない」と思われていたと思います。
自信がない日々でした。
しかし、夫と出会い【発達障害】と分かり、
その上、書道家の道を見つけることができ、
人生が大きく変わったと実感しています。

【ご縁】
これからも人との出会いを大事に、
人生を歩んでいきたいと思っています。

一期一会 2019年個展作品

桔梗

アーカイブ