• 慈悲の心
  • 発達障害当事者として思うこと
  • 平和について
他者を慈しみ、思いやる心。
人の苦しみを自分のことのように感じ、人の喜びを自分のことのように捉える。
自分という枠にとらわれず、他者も含めて自分という世界が成り立っていると知る。
それこそが、慈悲の心だと考えています。
それだけが、世界を善くする方法だと信じています。

人類はとても賢明です。
たった400年ほど前、江戸時代には2週間程度かけて歩いていた道も
飛行機に乗れば、1時間程度で移動できます。
そもそも鉄でできた物体が大勢の人を乗せて飛ぶなんて、誰が想像できたでしょうか。
地球の裏側の人間に、ほんの一瞬でメッセージを届けられるなんて、誰が想像できたでしょうか。
夜空に浮かぶあの月に、人類が到達するなんて、誰が想像できたでしょうか。
人類の功績を挙げるとキリがありません。

だからこそ私たちは、慈悲の心を持たなければいけません。
便利で住みやすい世の中になる一方で、いいことだけではないのです。
人類の技術は、使い方次第で、一瞬で何十万人もの人を殺す事もできるのです。
他者を慈しむ心を忘れてはいけないのです。

人間は万物の長のような振る舞いをしています。
海を汚すことも、森を壊すことも、空気を汚すことも
人類は出来てしまうのです。
だからこそ、それ相応の行動を求められているように思います。

慈悲の心。
それは、生命を慈しむ心。
道端に咲く花を美しいと想う心。
生命の母なる地球が汚染され悲しむ心。
戦争でたくさん死にゆく罪もない命を憂う心。
困っている人に手を差し伸べようとするやさしい心。

その心を私たち人間が持つことで、より良い世界になると想うのです。

できるなら、この世界が、
永遠に美しくありますように。

検索

Gallery